コンテナの種類 倉庫用コンテナ

コンテナ

コンテナといえば、たった一種類のものが、海上輸送において全面的な活躍しているとも思ってしまうかもしれませんが、コンテナにも様々いろいろな種類があります。

海上輸送について、もっと知っていただくため、ここでコンテナの種類についても学んでおくといいでしょう。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナと関わる

海上輸送におけるコンテナは、豊富な実績を持つスタッフが在籍している会社によって製造がされています。

そして、1本1本に対して、新規の設計を行って、最適コンテナを実現しています。

また、コンテナは固定観念にとらわれず、フレキシィブルな頭脳を持っている社員たちによって、新しいコンテナがまた開発、製造されることになります。
ここから戦略的物流改革を提案し、様々にニーズに答えることができるコンテナが誕生します。

環境用コンテナ、特殊用途開発コンテナ、鉄道(JR)用私有コンテナ、倉庫用コンテナ、内航用海上コンテナ、ISO国際海上コンテナといった種類のコンテナが既に登場しました。またしっかり企業は、コンテナメンテとも向きあう必要があるでしょう。

今回、倉庫用コンテナというものがどのようなものか、ちょっとだけ解説しましょう。

倉庫用コンテナとは

海上輸送において有効的に使用されているものが、コンテナです。ただし、コンテナの使われ方は、海の上だけではありません。

コンテナは、現在倉庫としても有効的に活用されている事実があります。

なんで、コンテナが倉庫なのか……と言えば、やっぱりコンテナのメリットが倉庫にも適合しているからです。

コンテナは、丈夫で、長持ちすることができ、リーズナブル価格で購入することができるアイテムです。防災倉庫用、バイク保管用等、各種用途にも現在、コンテナが有効的に活用されています。

あなたも、コンテナを購入し、こんな使い方も出来るというアイデアも発見することができるかもしれません。

防災倉庫コンテナ

防災倉庫コンテナは、災害が起きたとき、 食糧から救難器具まで保管をしておくためのコンテナでほす。

最近のいろいろな自然災害のことを考えると絶対に必要なのかもしれないですよね。

機器設置用コンテナ

機器設置用コンテナは、機械設置用のため、製造されたコンテナです。

設置する機械に合わせレイアウト設計がされており、配線・配管に対してまで配慮がされています。

機械のメンテのことを考えて、ドアを6ヶ所開けました。

レンタル倉庫2部屋シャッタ付

レンタル倉庫2部屋シャッタ付は、2枚のシャッタのあいだの柱は脱着可能、長尺ものもすっぽりコンテナに納めることができます。2ドアから6ドアのコンテナも購入することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました