コンテナハウスのメリットデメリット

コンテナハウス

いまコンテナハウスに注目している人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。コンテナハウスなら手っ取り早い方法でマイハウスを持つことができそうですね。

やっぱりコンテナハウスのメリットはそこあたりにあるでしょう。更にコンテナハウスのメリットを追求しましょう。

コンテナハウスのメリット

そもそもまだコンテナハウスという視野がない人たちは一度コンテナハウスはどうだろうという目を向けて見るといいかもしれないですよね。

そもそもコンテナで家を造ることができるのかという不安な思いもあるのでしょうけど……。もちろんコンテナで家を造ることができてしまう!のです。

多くの人たちがコンテナハウスを選択している理由は料金が安い&工期が早いからです。料金が安いからコンテナでいいというモチベーションも生まれて来るでしょう。

費用は中古海上コンテナであれば10万未満から実現することができます。

また建築確認対応コンテナというものもあります。建築確認対応コンテナは価格は高くなりますが、それでも100万未満からゲットすることができます。

またコンテナハウスは躯体自体が出来上がっているから、運んで組み立てすればすぐに完成することができます。

またコンテナハウスは、組み合わせの自由度が高いというメリットも存在しています。

コンテナハウスは2階建てだって現実的に可能です。店舗、事務所、ガレージなどに対してもコンテナハウスは有効的に活用することができます。

そしてコンテナハウスは見た目非常に新しい感じでオシャレです。だから若い人たちはコンテナハウスがいいという気持ちになるのではないでしょうか。

コンテナハウスのデメリット

しかし一方でコンテナハウスにはデメリットもありますので、そのあたりのことも触れておきましょう。

手っ取り早い方法でコンテナハウスを作ったものの、コンテナハウスは意外と熱がこもりやすい性格を持っていたりします。夏は暑くてコンテナハウスなんかにはいられないということも起きてしまうかもしれません。ただし、あくまでもコンテナをそのままハウスにしてしまった場合です。

コンテナハウスは、リーズナブルでいいという話しをしましたが、そのメリットは躯体として完成しているからなのです。ですから、躯体として完成しているコンテナハウスをそのまま設置しなければならないとすれば、設置する場所にも、ある程度スペース空間を確保しておかなければならないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました