コンテナのメンテナンスの方法

コンテナ

海上輸送のシーンでも、コンテナを長く使用していただくためにメンテナンスのノウハウは知らなければならない問題です。

果たして、コンテナのメンテナンスって、どうすればいいのでしょうか。わからない問題をここで解決しておきましょう。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナのメンテナンスの問題

実際に、コンテナのメンテナンスってどうすればいいの?という質問・疑問が多くあります。

ドライコンテナは、鉄で出来ているので、やっぱり年数が経過することで「錆」の問題も出て来てしまうことになります。ですからコンテナを長く使用するため、「錆落し」をどうすればいいかという問題ともかかわることになります。

錆落しの対処の方法

コンテナを長く使用していただきたいから
錆落しのノウハウをしっかりここで学んでください。

まずは、サンダー、錆び止めペンキ、仕上げ用ペンキと言ったものを用意してください。

サンダーを使用する時は、防護メガネまた軍手と言ったものも用意するようにしましょう。

まず、みなさんのコンテナの錆の状態を確認していただき、ここの部分を、サンダーでケレンします。

錆は完全に除去、鉄部分がキレイに見えるまでケレンしてください。

次には、ケレンした箇所に錆止めペンキを塗っていきます。油性、水性どちらのものでも問題ありません。

そして、最後の工程では、もともとのコンテナの状態に近い仕上げ塗料を使用していただき完成です。

このような作業を怠ってしまうことで

このようなメンテナンス作業をあなたが怠ってしまうことで、錆発生場所が腐食してしまうことになり、いずれ雨漏れなどの症状が起きてしまうかもしれません。

長い間、コンテナを使用したいという思いの方々は、1~2年に一度程度、このようなメンテナンス作業と向きあうといいでしょう。また、どうしても錆を落とすことができないという場所は、錆転換剤を塗るといいでしょう。

自分自身で対応出来ないのなら業者に相談してみよう

コンテナを長く使用したいからメンテナンスと一生懸命向きあうものの、なかなか上手くいかない人たちもいるかもしれないですよね。

そのような人たちの作業によって、コンテナがなおさら寿命の短いものになってしまうかもしれません。そのような事態にならないように、プロフェッショナルの専門家に一度相談してみることもおすすめです。

一生懸命頑張るものの、「所詮は素人」……という方々は、あらかじめそちらの選択肢が正解ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました