コンテナのサイズ種類、特殊コンテナについて深堀

コンテナ

コンテナによる輸送貨物の増加・多様化によって、コンテナはこれからもいろいろ進化の経過を辿ることでしょう。

ただし、コンテナという存在は、自由に進化していいということではありません。なぜなら、コンテナは、 国際標準化機構の規格に従わなければならないという世界統一のルールが存在しているからです。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナの種類

コンテナという存在は、国際標準化機構の規則性に従い、今後も進化をし続けていくことでしょう。

現在でもコンテナには、このような種類があります。海上輸送が何か知る上でもコンテナの知識はとても大事です。

まず、一般的に多くの人たちが使用しているコンテナのタイプが、ドライ・コンテナです。

ドライ・コンテナが、一番海上輸送で活躍しているタイプです。

そして、ドライ・コンテナの他に、特殊コンテナという存在が、海上輸送で大活躍しなくてはならない存在です。

特殊コンテナには、まず、冷凍コンテナがあります。冷凍コンテナは、 冷凍したもの、冷蔵貨物(果物やら、野菜、そして肉や魚といったものなど、またフィルムなどの化成品の輸送をするめにあります。

一般的には、冷凍ユニットを内蔵、所定温度を維持することができます。

オープン・トップ・コンテナは、嵩高物、重量物の輸送をするためのものであり、 屋根を開放することができます。

フラット・ラック・コンテナとは、大型貨物を対象としたコンテナであり、 「屋根」、「両側」、「扉」を持たない左右、上方から荷役出来る構造です。

そして、フラット・ベッド・コンテナは、 上部構造物をいっさい持たないタイプのものであり、 大型貨物対象のコンテナです。

またタンク・コンテナは、モルト・原酒、醤油、食料品、液体化学薬品……の液体貨物を対象とし、鋼製フレームの中にはタンクを格納しています。

コンテナは進化し続けている

まさに、コンテナは、海上輸送のニーズに答えて、このような特殊コンテナとして進化が続いていると考えることができます。国際物流商品の変化、物流システム効率化のリクエストに対応するためにも新しい種類のコンテナは今後も登場し、あなたはその事態から決して目を離すべきではないでしょう。

また、コンテナは、必ず、「背番号」のようなモノを持っていることをご存じでしょうか。そのような背番号によって、コンテナの持ち主や、サイズ、タイプということが一目瞭然になっているのです。

この番号制度も、国際標準化機構によって規格化されていることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました