「コンテナ」のサイズ種類にはどのようなモノがあるのか…… コンテナには規格がある

コンテナ

いろいろなシーンでコンテナが使用されるようになりました。そして多様化したニーズに答えるため、コンテナの種類も増加傾向にあります。

しかし、そうはいうもののコンテナという存在は自由にサイズを決めていいというものではありません。コンテナは、一貫輸送システムをスムーズに運営しなければならないため、「国際標準化機構」というものが存在します。

国際標準化機構=International Standardization Organization=I.S.O.によって、コンテナの「寸法」、「強度」、「外形」と言ったものは「規格化」されることになります。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナの種類 アルミコンテナとスティールコンテナ

コンテナの種類は、アルミコンテナとスティールコンテナの二つのタイプが用意されています。

一般的に普及しているコンテナは、「ドライ・コンテナ」です。いろいろなビジネスシーンで、このようなドライ・コンテナが活躍をしています。

また、「特殊コンテナ」というものがあります。特殊コンテナは、 冷凍・冷蔵貨物……と言ったものの輸送ため利用されるコンテナです。一般的には、冷凍ユニットを内蔵をしています。

「オープン・トップ・コンテナ」というのは、 嵩高物であったり、重量物であるものを輸送するために使われるコンテナです。このようなタイプのコンテナは、屋根部分をオープンにして、上部からの荷役をすることができるようになっています。

また、「フラット・ラック・コンテナ」は、 フラット・ラック・コンテナと似た使い方がされています。大型貨物のためのコンテナということになりますが、上部構造物がありません。

「タンク・コンテナ」は、 モルト・原酒、醤油、食料品、液体化学薬品……と言った液体の貨物対象のためのコンテナです。鋼製フレームのコンテナの中は、タンクがあります。

コンテナのサイズ

コンテナのサイズは、 20フィート・コンテナ(8’×8’6”×20’)と40フィート・コンテナ(8’×8’6”×40’)が、標準的サイズとして、一般的に扱われています。

また 3.8mの高さ制限に触れるという理由から国内で許可されていなかった背高コンテナ(8’×9’6”×40’)というサイズのコンテナも、限定的に認められるようになりました。

いかがでしょうか。海上輸送において、コンテナは必要不可欠です。コンテナは世界共通のキーワードです。だからこそ、コンテナの規格統一はどうしても必要であり、自由にサイズを決定することができる訳ではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました